コムサ(COMSA)をご存知でしょうか?日本国内にある仮想通貨取引所のZaif、その運営会社であるテックビューロ社が2017年8月3日から本格的に動き出したICO仲介サービス、及び発行仮想通貨の名称です。

本記事では日本の大型ICO案件として話題となったCOMSAについて解説します。

仮想通貨COMSAとは?

captured from https://comsa.io/ja/

 

COMSAはプロジェクトスタート時に資金調達をICOにより行いました。そのため、COMSAサービス内で使える仮想通貨COMSA(COMSAトークン)も発行されています。

ICO(Inital coin offering)では、新規に発行するCOMSAトークンとイーサリアムを一定の比率で交換することで資金調達しています。ICOでは、世界中の個人投資家から資金を調達することができることや、既存の株式による調達(エクイティ・ファイナンス)よりも法的な取り決めの少ないところがメリットです。そのため円やドルではなく、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨を使用しています。仮想通貨は価格の変動が激しく、また複数の仮想通貨が混ざると管理が難しくなります。そこでICOに使う仮想通貨を、独自のCOMSAトークンに絞ることで、管理を行いやすくするわけです。

トークンと仮想通貨は、厳密に言えば異なります。しかし役割としては似ているため、仮想通貨に近いものと考えておいてください。

ICO案件のCOMSAサービスとは何か?

ICOには、様々なリスクが付きまといます。投資家側から見るとICOを行う仮想通貨が本当に上場するのかという信頼性、仮に本当に上場したとしてもICOに投資した分だけ回収できるかという不透明さなどです。実際ICOと称した詐欺被害も多発しており、金融庁も注意を呼びかけています。

このようなリスクは投資家側だけではありません。ICOを行う通貨発行者側も、ICOで本当に目標としている金額まで集まるのか、ICOの手続きに漏れはないのかなどのリスクを背負っています。そのようなリスクを軽減する仕組みがCOMSAです。

COMSA自身が宣伝を行うことで、投資家には信頼感が生まれます。この信頼感は安定した資金回収、そして仮想通貨の成長に繋がります。COMSAが他社のICOを仲介するわけです。

COMSAの何がすごいのか?

COMSAのすごいところは大きく分けて3つあると考えています。

  • サービス
  • 連携力
  • 人脈

それぞれ説明します。

① ICOの大変さを解決できるサービスである

上でも触れましたが、ICOには投資家側・発行者側双方で相応のリスク・手間があります。法務面や広告面などプロダクトの開発だけに注力できるわけではありません。

そこにCOMSAが投資家・発行者の仲介役入ることにより、よりプロダクト開発に注力することができます。COMSAが間に入ることで、ICO失敗のリスクが減らせるわけです。

② テックビューロ社の手がけるビジネスとの連携力

テックビューロはCOMSAだけを取り扱っているわけではなく、仮想通貨取引所Zaifも運営しています。つまりICOで上場した仮想通貨を、そのままZaifで取り扱う可能性が高いのです。

またmijinというNEMベースの一般向けブロックチェーンシステムの開発も行っており、トークンを用いた開発に対してアドヴァイスなども受けることができるのではないでしょうか。

③ テックビューロ社の人脈

2017年12月現在、COMSAのホームページには、ICO協議会委員として19名もの著名人の名前が列挙されています。

ICO協議会委員のメンバーの方がどういう方かご存知ではない人もいるかと思いますが、国内外のブロックチェーン・フィンテック・IT関連の有識者で構成されています。

強力なバックアップを受けれるのではないかと考えられます。

COMSA ICO・トークンセールの結果は?

上記メリットもあり、2017年9月21日まで行われたプレセールでは約3800万米ドル、その後の2017年10月2日から11月6日まで行われた一般向けのCOMSAトークンセールとの合計では、約9540万米ドルの調達に成功しました。

日本円で約109億円にも達します。この資金調達額は、これまでのICOの中でも史上6位、日本国内では初の100億円越えとなりました。COMSA登録者数も23万人にも上り、多くの投資家から注目を集めています。

COMSAの問題点・課題点

ICO時点では多くの注目を集めたCOMSAですが、その後の動きはあまりよくありません。COMSAを使ったICOとして、

  • 株式会社CAMPFIRE(キャンプファイアー)
  • 株式会社プレミアムウォーターホールディングス

の2社が検討されていました。CAMPFIREは開発資金を募集するクラウドファンディング、プレミアムウォーターは天然水の販売やウォーターサーバーのレンタルを行っている会社です。

しかし、2017年12月現在この2社がCOMSAを使ったICOを行っていません。延期ではなく中止となりました。特にCAMPFIREとのICOは、2017年12月現在COMSA、CAMPFIRE両者の公式発表で食い違う点が多数見られます。注目を集めていただけあって、両者間でどのような話し合いが行われたのか、情報が錯綜する結果となりました。

またプレミアムウォーターに関しても、いろいろな噂が飛び交っており何がどうなっているのか、当事者間でしか分からない状況となっています。

2017年11月6日には時間取引所タイムバンクを運営する株式会社メタップスが、COMSAを使ったICOを検討しているといわれています。早ければ年内予定ともされていましたが、2017年12月現在ICO案件には挙がっていません。ただしCOMSAを使ったICOは既に2回も中止が出ているため、メタップスのICOが本当に実施されるのかという問題が挙がります。

COMSAの問題点はもうひとつあります。COMSAのICOトークンセール後に、同量のトークンが追加発行されることです。追加発行されると、COMSAトークンの希少性を減らすことになり、COMSAトークン自体の価値を下げる結果にもつながりかねません。

追加発行されたトークンの半分は、今後の発展のためにストックすると発表されています。実際どのように使われるのかが論点となるでしょう。

今後COMSAはどこまで伸びるのか?

captured from http://techbureau.jp/

今後のCOMSAの成長は、メタップスをはじめとしたICO案件が無事成功するかにかかっているでしょう。特に次の案件が中止になるようならば、COMSAを使ったICOを検討する企業は減るでしょうし、投資家からの信頼も失われます。

次のICOが実際に行われるのか、COMSA・テックビューロ社の公式発表を待ちましょう。

 

(文章・編集:RomaneCoin編集部)