インターネット事業などで有名な会社、GMOグループが仮想通貨関連事業に進出したことはご存知でしょうか?

仮想通貨業界全体が発展途上とはいえ、仮想通貨関連事業には国内外で先駆者が数多くいます。そんな状況でなぜ、GMOグループは仮想通貨関連事業に進出したのか?

この記事ではGMOグループの事業の概要、そして勝算をご紹介します。

仮想通貨に対する企業の取り組みを知りたいあなたに、おすすめです!

GMOグループが仮想通貨関連事業に進出

2017年、GMOグループが参入した仮想通貨関連事業は大きく分けて以下の二つです。

  1. 仮想通貨交換業
  2. 仮想通貨採掘事業

それぞれご紹介します。

GMOコインという仮想通貨販売所の勝算

GMOグループの一つ、GMOコイン株式会社が仮想通貨交換業を営んでいます。

まず2017年5月31日に、前身のGMO-Z.comコイン株式会社が「Z.comコイン byGMO」 という名でサービスを開始。その後2017年8月9日に、社名を「GMOコイン株式会社」に、サービス名を「GMOコイン」に変更しました。

Zaifなどとは違い、GMOコインは取引所ではありません。取引所とGMOコインの違いの一つとして、想定した価格での仮想通貨の売買が挙げられます。

ビットコインなどの仮想通貨は最安値が安定しないため、取引所では同じ1BTCを買うにしても予想より多くお金がかかっていまうことがあります。しかしGMOコインではそういった想定外の出費が起きないようになっているのです。

後発であるGMOコインには、二つの勝算があります。

GMOコインという仮想通貨販売所の勝算① FX事業者No1という実績

GMOグループの一社、GMOクリック証券株式会社は6年連続で世界1位のFX取引高を誇っています。

そしてGMOグループ代表・熊谷正寿さんは、FX取引高世界一の要因は、運用システムの内製化による、低コストかつ高い技術力の確保である、としています。

参照:【IR】熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」 | 【クマガイコム®】GMOインターネット社長 熊谷正寿のブログです

つまりGMOグループには、金融業に対するノウハウがあるわけです。仮想通貨交換事業もFX取引業も、高い技術力とセキュリティが求められる、という点では変わりません。GMOコインにはそれら技術力とセキュリテイがすでにあるのが、強みの一つです。

GMOコインという仮想通貨販売所の勝算② 後発でも勝てるWebマーケティング力の強さ

前述の通り、GMOコインは仮想通貨交換業者としては後発組です。日本国内に限っても、Zaifといった先駆者がいます。

後発が先駆者に勝つために必要なもの、その一つが広告力です。仮に後発の方が質がよくとも、まず客に知られなければ始まりません。

その広告力に関して、GMOグループにはアドマーケティング株式会社など、Webマーケティングに長けた会社があります。またGMOペパボの新卒説明会など、GMOグループは話題を作るのも得意です。

GMOコインにおいてもそのWebマーケティングが活かされています。その例の一つが豊富なキャンペーン。キャッシュバックキャンペーンや手数料無料キャンペーンなど、GMOコインは2017年5月31日から絶え間なくキャンペーンを行なっています。

こうした頻繁なキャンペーンなどで、GMOコインは絶えず新規登録者を増やそうとしているわけです。

GMOコインの評判は?技術力の一方で不便な点も

Twitterより、GMOコインに対する評判をいくつかご紹介します。

URL; https://twitter.com/baby_j_crypto/status/959410201781714945

URL; https://twitter.com/halcoinhal/status/960067181206622208?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fromane-coin.jp%2F%3Fp%3D1655%26preview%3Dtrue

URL; https://twitter.com/nonchan_fx/status/960777553525878784?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fromane-coin.jp%2F%3Fp%3D1655%26preview%3Dtrue

いい評判は、セキュリティに対する好感が多めです。これは前述のFX事業で培ったノウハウがしっかり生かされている、と考えられます。

悪い評判で多いのは、売りの規制に対する反感です。自分が売り時だと思うときに売れないのは、少し不便でしょうね。

GMOが行うマイニング事業の勝算とは?

2017年12月20日に、GMOグループのGMOインターネット株式会社がマイニング事業を開始しました。

GMOの勝算について話したいところですが、そもそもマイニングとは何か、ご存知ない方もいるのではないでしょうか。

そもそもマイニング事業とは?

マイニングとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の根幹技術、ブロックチェーンに関わる確認作業です。ブロックチェーンは仮想通貨の取引を記録するもの。その中には例えば「AさんがBさんに10ビットコイン送った」などの取引が記録されています。

それらの取引に不正がないか確認するためには、それまでの過去の取引と新規の取引の整合性などが確認されなければなりません。そしてその確認の作業には、膨大な電力や高性能なコンピュータが必要です。

もちろん確認作業は無償で行われるものではありません。確認作業をしてくれた報酬として、確認作業の参加者は新規発行したビットコインがもらえます。

ちなみに現在、マイニングをする人・マイナーの多くは中国にいます。電気代が安いためです。

GMOの勝算

大きく分けて、マイニングには以下の二つが必要です。

  1. 高性能なコンピュータ
  2. 安定した一定量の電力

GMOインターネットは、これら2つそれぞれに関して勝算がある、と思われます。

まず1.に関して。2017年12月20日現在、GMOインターネットはパートナー企業の協力を経て、マイニング専用の半導体チップを開発中です。

加えて2.に関して、GMOインターネットのマイニング施設は北欧に置かれています。北欧の豊富な再生可能エネルギーで、マイニングのための電力を賄う、というのです。

またマイニング事業によって、GMOインターネットは「仮想通貨の健全な運用」を支えていく、と宣言しています。前述の様に、現状マイナーは中国に集中しています。しかしこの状況では、仮想通貨の価値は中国当局の規制を大きく受けます。国に依存しない点が仮想通貨の理想であるとすれば、この状況は好ましくありません。

GMOインターネットのマイニング事業進出の背景には、利益に加えてこういった理想の追求もあるのかもしれません。

参照:仮想通貨のマイニング事業を開始 – GMOインターネット株式会社

ビットコインもGMOに勝算があるかも

GMOグループによる、ビットコインをはじめとした仮想通貨事業に対する勝算を紹介してまいりました。

これまで他の事業で培ったノウハウで、GMOグループが他の事業者を追い抜くかもしれませんね。今後の動向に注目です。