株やFXと同じように、ビットコイン取引を行う際、最も重要になるのは情報と、仕入れるスピードです。情報によってビットコインのトレードの損益が変わってくるとも言えます。逆にどこから情報を仕入れることで効率的にトレードが可能となるのでしょうか?

本記事では、情報スピードが早いと言われる掲示板とTwitterについて、特徴をまとめています。今後の情報ソースとして利用する上での注意点についても触れています。

掲示板

情報速度と数で掲示板は強い

ビットコインについての情報をいち早く入手できる方法は、以前の2ch、現在の5chといった掲示板です。

2chには専門ごとに分けられているインターネット掲示板が置かれており、掲示板には毎日膨大な数の書き込みが行われています。もちろんビットコインなどの仮想通貨についての掲示板もあり、多くの情報がやり取りされています。
2chは、2017年10月1日に権利譲渡トラブルのため5chという名称に変更されました。5chという名称に変更されたものの、引き続き仮想通貨版という掲示板が置かれていますので、仮想通貨の情報はこの掲示板に何でも揃っていると言えるでしょう。
5chには、以下のような特徴があります。

  • 情報のスピードが速い
  • 情報量は多い

実際にビットコインの取引を行っている方が情報を書き込み、その情報に合わせて他の方も書き込むため、最新の情報が一気に集まってきます。

またビットコインについて疑問がある時も5chの掲示板を利用することも可能です。すでに取引を始めている方がたくさん集まっており、知識が豊富な方も多くいらっしゃいます。掲示板で少し質問しただけでも、あっという間に返信コメントが増えていきます。少々口の悪い方もおられますが、的確に疑問に対する答えを掲示板に載せてくれるので、助けになるでしょう。

海外ですとRedditという掲示板サイトが有名です。

掲示板の難点はデマや嘘が入っていること

仮想通貨掲示版には、最新の情報が集まっているものの、情報の中にはデマや嘘が入っているため注意が必要です。この点をよく理解して5chの掲示板を利用するなら、ビットコイン取引でも良い情報を得ることができるでしょう。

掲示板にデマや嘘が集まってきてしまう原因は、匿名で掲示板に書き込みができる事です。匿名であるため気軽に掲示板を使用できますが、その分嘘の情報を簡単に書き込めてしまいます。真偽のほどを確かめる知識が必要となるので、すべてを鵜呑みにしてしまうとNGです。

さらに掲示板の特徴には、一度誤った情報が受け入れられてしまうと、その情報に基づいて多くの情報が集まってしまい収集が取れなくなってしまう事もあります。加えて、少数ではあるものの情報操作のために意図的に偽りの情報を広める方もいます。

ですから5chなどの仮想通貨掲示板を利用する時は、

  • 書き込まれた情報が信頼できるソースから発信されているものなのか確認する
  • 情報が本当かどうか周りの反応をうかがったり、自分で考える

必要があるでしょう。こうした点をいつも意識しておくなら、5chなどの掲示板の情報スピードの速さはビットコイン取引にとって良いツールと言えます。

Twitter

Twittreは有識者が多い

Twitterは実名によるアカウント登録が義務ではないものの、有識者の中には実名でのアカウントを登録している、もしくは身分をはっきりさせている方もいます。つまり先ほどの掲示板とは異なり、情報の発信元を特定できるため、匿名によるデマ情報が拡散される可能性はいくぶんか低くなるという事です。

有識者のtwitterからの発信がたくさんあるため、情報の専門性や正確性も高い点が魅力となるでしょう。ビットコイン投資を始められるのであれば、参考にした方が良いtwitterアカウントを幾つかご紹介します。

  • 墨汁うまい(BokujyuUmai) @bokujyuumai
  • 海外のビットコイン情報にも詳しいKoji Higashi @Coin_and_Peace
  • zaif取引所を運営しているテックビューロ社の代表Takao Asayama 朝山貴生:@TakaoAsayama
  • デジタルマネー協会理事の大石哲之のアカウント Tetsu [NO2X]:@bigstonebtc
  • 国内大手取引所チェックコインのCEO和田 晃一良のアカウント @wadakooo

ビットコインを始める方ではあれば、上記のような方のtwitterアカウントをフォローする事は必須と言えるでしょう。人によって情報発信の頻度は異なるものの、情報の正確さには定評があります。特に実名でTwitterアカウントを登録している方のビットコイン情報は信頼性が高いものと言えるでしょう。

Twitterでは、情報収集のために検索機能を利用することもできます。例えば、ビットコインと検索欄に入力すると、リアルタイムのビットコインについてのつぶやきを見つける事も可能です。広範囲に情報を集めたい時に活用できる有効な方法と言えるでしょう。

Twitterの難点はポジショントークが混じる場合があること

しかし実名Twitterアカウントであっても、注意しなければならない点もあります。有名な人の情報ほど、ビットコインなどの仮想通貨の価格に与える影響が大きくなるため、情報がポジショントークである可能性も否定できません。

ポジショントークとは、自分のやっていること/持っている・応援している仮想通貨にとって良い面を強調して伝えることです。例えば、自身が取引所を運営しているにもかかわらず、自分で自分のことを悪く言ったりは立場上できないということです。

誤解のないよう注記しておきますが、上記でご紹介した方がポジショントークを行っているというわけではありません。ただし、いつでもポジショントークをしてくる可能性はあるということだけは覚えておくとよいでしょう。

 

掲示板やTwitterでビットコイン動向の兆候はつかめる

掲示板やTwitterの情報を分析することで、ビットコインの動向を探れるようになります。最新の信頼できる情報を集めることが、ビットコイン投資では重要になりますので、貪欲に最新情報を集めていきましょう。しかし同時に全ての情報の正確性が保証されているわけではないので、情報を鵜呑みにするのではなく動向分析の参考程度にする必要もあります。

大切なのは、掲示板であれTwitterであれ、自分自身で情報の正確性を見極められる力を身につけることです。

(編集:RomaneCoin編集部)