ビットコインを買ってお金を稼ぎたい!そんな志をもってビットコインの世界に興味を持っても、どんな儲け方があるのかわからないという人はいませんか?

ビットコインの儲け方を知らずにやみくもにトレードしていても、利益を上げられるかどうかはわかりません。ビットコインで利益を出すためには、どんなトレードをしていけばいいのでしょうか。

  • 長期
  • 中期
  • 短期

の3つのパターンに分けて説明していきます。

ビットコインの儲け方は3パターン

ビットコインでのお金の儲け方には、大きく分けて3つのパターンがあります。

  • 1つめは、値上がりする前からコインを持ち続けて長期的にトレードする方法。
  • 2つめは、中期的な視野に立ってアルトコインをトレードするという方法。
  • 3つめは、レバレッジをかけて短期間で大きく勝負するという方法です。

三者三様のこの3つのパターン。それぞれに特徴や注意点、向いているライフスタイルなどが異なります。自分に合った方法を見つけるためにも、この3つの儲け方をよりよく知っていきましょう。

パターン① ビットコイン黎明期から保有しつづける

ビットコインは2017年に大きく成長し、200万円を超えるほどの値上がりを見せました。しかし、ビットコインが注目されはじめるまでは、それほど価格が高かったわけではありません。

2013年頃は、1BTCを1万円程度で買えるくらいの値段だったのです。もしもその頃に、50万円をビットコインに投資していたら、あなたの資産はいくらになっていたでしょう。

およそ200倍に値上がりしたわけですから、1億円になっていたのです。

しかし、そんなことを言ってももう過ぎたこと。今さら買うのはもう遅い、と諦めてはいませんか?

ビットコインのこれからの値動き次第では、今からでも間に合うかもしれないのです。

ビットコインが1万円から10万円に値上がりしたときも、値上がりする前に買っておけばよかった……と悔やんでそのまま諦めていた人がいたことでしょう。しかし、もしもその時に「まだ間に合う」と考えて50万円分のビットコインを買っていれば、今頃は1000万円になっていたのです。

同じことが、今のビットコインにも言えるかもしれません。もしくは、ビットコイン以外の次のビットコインとなりそうな仮想通貨を見つけて投資してもよいでしょう。

これから先、仮想通貨市場はまだまだ成長していく余地があるのです。この儲け方には、一度買ったら値上がりすることを信じてコインを持ち続ける忍耐力が必要です。ここまで大きく価値を高めてきたビットコインですが、常に右肩上がりだったわけではありません。

時には大きな値下がりを見せながらも、長期的な推移で現在の価格になりました。予期せず相場が急落しても、狼狽して売り出したりせずにガッチリとホールドし続けることがこの儲け方の肝となるでしょう。

パターン② ビットコインをベースにアルトコインで中期的にトレードする

ビットコイン以外の仮想通貨のことを、アルトコインといいます。

このアルトコインを中期的にトレードすることで、大きく利益を出すこともできるでしょう。

最近大きく値上がりしたアルトコインといえば、TRXでしょう。

2017年12月始めには20satoshiほどだった価格が、2018年1月5日に2047satoshiを記録したのです(1satoshiは仮想通貨の単位で、0.00000001BTCのこと)。

わずか1ヶ月の間ですが、値上がり幅は実に100倍以上です。

他にも、12月上旬に約1500satoshiだったXRPが翌1月4日に22968satoshiに。

12月中頃まで50satoshiほどだったXVGが12月24日に2000satoshiまで値上がりするなどしています。

アルトコインは種類がたくさんあるのでどれを買えばいいのか迷うところですが、うまく値上がりすれば大きく利益を上げることができるかもしれません。

アルトコインは突然大きく値動きすることがよくあります。

その流れを敏感に感じつつ、どこが最高値なのかをしっかりと見極めたとき、あなたは大きな利益を得ることができるでしょう。

 

パターン③ビットコインにレバレッジをかけて短期間で売買する

 

ビットコインにレバレッジをかけて売買することも儲け方のひとつです。

レバレッジとは、自分の持っているお金の数倍~数十倍の金額で取引できるシステムのこと。

たとえば100万円を元手に10倍のレバレッジで取引を行うと、1000万円分のお金を取引できることになります。

もしも1000万円分買ったビットコインが10%の値上がりをすれば、100万円の利益が出ることになります。

100万円だった元手が10%の値上がりで2倍に増えたわけです。

もちろんその分、値下がりしたときには大きな損失となってしまいますので注意が必要です。

日本国内にも、レバレッジ取引ができる取引所はたくさんあります。

レバレッジの最大倍率は、コインチェックが5倍、Zaifが7.77倍、ビットフライヤーが15倍、ビットバンクトレードが20倍、GMOコインが25倍となっています。

ビットコインは株やFXに比べて値動きが激しいので、数十倍のレバレッジでも大きく資産が動くことになるでしょう。

リスクはあるものの大きく儲けることができるこのレバレッジ取引。

チャートの値動きに敏感で、度胸と決断力のある人に向いている取引といえるでしょう。

 

ビットコインでの儲け方はそれぞれ。あなたはどうする?

ここまで紹介した3パターンのビットコインの儲け方について、ご理解いただけましたでしょうか。

長期的な視野を持って信念を曲げずにいられる人は、値上がりを信じて待つ長期的なホールド。

値上がりしそうなコインをしっかりと選定して、価格のピークを見極められる人はアルトコインで中期的なトレード。

そして、ハイリスク・ハイリターンの勝負に出て大きく儲けたい人はレバレッジをかけた短期間の売買が向いています。

それぞれの儲け方に特徴があり、人それぞれに向いているかどうかが変わります。

自分の資金や目標額、そして自分自身の性格を加味して、ビットコインを取引してみてください。