カタパルトのシステム改善や、取り扱う国内取引所が増加するのでは?と噂されているネム。

そんなネムでは「ハーベスト」が行われています。ネムではビットコインのようなマイニングは行いません。ハーベストという方法で取引を成立させているのです。

本記事では、ネムのハーベストについて解説します。

仮想通貨ネムではマイニングではなくハーベスティングが行われる

仮想通貨を送金すると、その情報が承認されるまでに時間がかかります。中央集権制ではない仮想通貨では、その承認作業を世界中のユーザーたちで行っているのです。ビットコインのマイニングという言葉を聞いたことがある方もいると思います。

マイニングとは、承認作業を手伝ってくれた人(マイナー)に報酬という形でビットコインを配ることです。

一方、ネムの場合はマイニングではなく、ハーベスティングが行われています。

マイニングは日本語で採掘という意味。そしてハーベストは、収穫という意味です。ハーベストには、マイニングのように専用の高スペックマシンなどは必要ありません。

膨大な電力を消費するPoWマイニングと違い、ハーベストは効率的な方法と言われています。

ネムで行われるハーベスティングとは?

ネムで採用されているハーベストとはマイニング手法の1つです。ネムでは取引の承認をPoI(Proof of Importance=重要性の証明)という方式で行っています。これはネムを一定量以上所有している人が立てたノード上で、ネムの取引を承認していくという方法です。

ハーベストは、ネムを1万XEM以上保有していると行うことができます。300万XEM以上保有している人は、スーパーノードとしてサーバーを立て、さらに大きな報酬を得ることができます。

ハーベストで報酬を受け取るには、PoI(重要性の証明)という名の通り、ネムにとってあなたが重要かどうかが大きく左右します。どういうことかと言うと、ネムの保有数が多く、取引回数や取引量などが多い人、つまりネムへの貢献が大きいほどネムにとっての重要性が大きく、たくさんの恩恵を受けられる仕組みになっているのです。

なぜ仮想通貨ネムではハーベスティングなのか?

ネムは「平等で自由な新しい経済圏の創出」を目的にして作られました。ネムという名称は、「New Economy Movement(新しい経済運動)」の頭文字NEMです。

自由・分散・平等といったことを掲げているため、ネムではマイニングではなくハーベストで報酬が得られる仕組みになっているのです。

ビットコインなどのPoWでは、報酬を得られる量はマイニングを行うパソコンの性能に、報酬額が大きく左右されてしまいます。高価な専用マシンを多く所有し、規模の大きいマイニングをしている人ほど多くの報酬を得られるのです。

イーサリアムなどのPoSは、コインの保有量が多い人に報酬が多く渡るシステムです。これはコインの保有量なのでPoWほどではありませんが、やはりお金を持っている人ほど報酬を得やすいシステムです。

一方ネムでは、そのどちらでもないPoIを採用しています。PoIにはコインの保有量も関係してきますが、それだけではなく取引量や取引回数もスコア化されて報酬獲得率に影響します。したがって、コミュニティへの貢献度がその時点で高い人に多くのコインが回りやすく、富の集中化が起こりにくいとされています。

ハーベストに参加する条件とは?

ハーベストに参加するには、ネムのウォレットであるNanoWalletに1万XEM以上入れており、Vested Balanceが1万XEM以上であることが条件です。Vested Balanceとは、既得残高という意味の言葉です。

このVested Balanceは、Balance(ネムの保有量)からVested Balanceを引いた数値を0.1倍した数がおよそ1日ごとに増えていきます。

最初に1万XEMを入れたとすると、最初の1日はVested Balanceがありませんから1万から0を引いて0.1倍した1,000がVested Balanceに入るのです。ネムを1万XEMのネムをウォレットに入れると、20日ほど経ってから実際にハーベストが行える計算になります。

つまり、ネムを長期保有している人がハーベストに参加できるというわけです。ハーベストに参加できる条件はこれだけです。ネムには平等という思想がありますから、高スペックのパソコンも必要ありません。ただし、ネムにとっての重要性(ネムの保有量、取引量、取引回数など)が多い人ほど、報酬を得られる確率が大きくなっていきます。

仮想通貨ネムのハーベストなど仮想通貨ごとに特徴がある

誰でも参加できるネムのハーベスト。それは平等を謳うネムならではのものです。仮想通貨の報酬を貰うのはビットコインのマイニングが有名ですが、このネムのような方法もあるのです。

マイニングをしてみたいと思っている方は多いと思います。

しかし、マイニングに参加するには高スペックのパソコンを買ったり、24時間稼働し続ける電力がネックだったり、ハードルの高さを感じていた方もいるかもしれません。そんな方は、高額なマシンも必要なく、電力消費も少ないネムのハーベストを検討してみてはいかがでしょうか。

(編集:RomaneCoin編集部)