仮想通貨のmoneroはプライバシー保護に優れた、匿名性を重視しているアルトコインです。

ブロックチェーン上に取引記録自体は公開されていますが、どこの誰がその取引を行ったのかわからないようになっています。そんな安全性に優れたmoneroですが、コインを保管する際にも安全に持っておきたいものです。

そこで、moneroを安全に保管するためのウォレット(仮想通貨の財布)について紹介いたします。

moneroのおすすめウォレットまとめ

取引所などで手に入れた仮想通貨を、そのまま取引所に置いたままにしておくと、アカウントハックや取引所の閉鎖など、思わぬ形で大切なコインを失ってしまうかもしれません。

そうならないためには、仮想通貨をウォレットに保管しておくことが必要です。自分のウォレットを持っていれば、安心して仮想通貨を持っておくことができるでしょう。仮想通貨の送金や受け取りも、このウォレットの口座から行えるので、とても便利です。

ここでは、匿名通貨のmoneroを保管する際におすすめのウォレットを3つ、紹介していきます。

moneroのおすすめウォレット①「Monero公式ウォレット」

まず紹介するのは、Moneroの公式ウォレットです。やはり公式というだけあって、安心感が最大のメリットと言えるでしょう。

ウォレット自体が突然閉鎖ということがありません(もしあるとすれば、monero自体がなくなる時です)。

このウォレットは、ビットコインでいうBitcoin coreにあたるフルノードで、ブロックチェーンの中身をすべてハードディスク内にダウンロードするタイプとなっています。そのため、ウォレットの同期を行う際には、パソコンにかなり大きな負荷がかかるでしょう。

安心感はあるものの、必要な容量が大きくなることがデメリットとなるかもしれません。特に、仮想通貨の取引を普段ノートパソコンやスマホで行っている方は、扱いにくいウォレットとなっています。

moneroのおすすめウォレット②「MyMonero」

2つ目に紹介するウォレットは、MyMonereです。

これはmoneroのコア開発チームがサポートしているウォレットとなっており、とても簡単に扱えることがメリットと言えます。アカウントの作成に、メールアドレス等の登録が必要ありません。MyMoneroのホームページへ行き、「Create an Account」と書かれたリンクをクリックするだけでアカウントの作成が完了します。

表示されているプライベートキーを使ってログインすれば、いつでもウォレットを使うことができるのです。

開設が非常に簡単なため、仮想通貨の初心者にもおすすめできるウォレットと言えるでしょう。

ただし、アカウント作成時に与えられるプライベートキーがないと、ウォレットにログインすることができません。

もしもプライベートキーがわからなくなってしまうと、メールアドレスの登録などをしていないため、本人確認による再発行なども難しいことがデメリットとなっています。

このプライベートキーはMyMoneroの命綱となっていますので、絶対に紛失しないよう、大切に保管しておきましょう。

moneroのおすすめウォレット③「Monero Freewallet」

最後に紹介するのはFreewalletです。

これはさまざまな仮想通貨を一元管理できるウェブウォレットとなっています。

取り扱っているのはmoneroの他にも、ビットコインやイーサリアムといった主要通貨をはじめ、DASH、ZCash、Doge、STEEM、Lisk、Decent、DigitalNote XDN、NXT、Ardor、FantomCoin、Bytecoin、Aeternity、Litecoin、Bitcoin Cashなどがあります。

Freewalletはメールアドレスを使ってアカウントを作成すれば、どのパソコンからでもログインすることができます。

さらに、AndroidやiOSでのアプリもあるため、スマホから仮想通貨の取引を行っている方にも、扱いやすいウォレットと言えるでしょう。

もちろん、パソコンで作ったアカウントにスマホからアクセスすることが可能です。

気になるのはセキュリティですが、PIN番号を使った認証、送金時にはメールで確認、ログインには2FAを使用、残高変動時のメール通知など、安全に気を配った機能を備えています。

ただし、非常に多くの種類の仮想通貨をウォレットに保管しておける分、保持しているコインの大半をこのウォレットに入れてしまうことには注意が必要です。

万が一、Freewallet自体が閉鎖してしまうと、保管していた全てのコインが引き出せなくなってしまう恐れがあるのです。

複数の通貨を一元管理できるのは、大きなメリットになっているのと同時に、デメリットでもあると考えることができるのです。

とはいえ、多くの仮想通貨を一元管理できるのは、分散投資をしている方にとっては非常に魅力的なメリットです。

ホールドしておく分のコインは公式ウォレットに入れ、いつでもトレードできるようにスマホなどで扱いたい分はFreewalletに入れるといった使い分けをすると良いかもしれません。

moneroのウォレットでおすすめは「MyMonero」

以上、3つのmoneroのウォレットを紹介してきました。

1つだけおすすめを挙げるとするなら、MyMoneroをおすすめいたします。それぞれのデメリットを比較した場合、MyMoneroのケースは自分の注意していれば防げるものだからです。

プライベートキーの紛失にさえ気を付けていれば、とても気軽に安心して使えるウォレットとなるでしょう。パソコンのマシンパワーに十分な余裕があるのならMonero公式ウォレットも軽々と使えるでしょうし、Freewalletを信頼しているのなら一元管理のメリットを取ることも選択肢の1つです。

それぞれのウォレットのメリットとデメリットを十分に理解した上で、自分にとってピッタリのウォレットにmoneroを保管するようにしたいですね。

(編集:RomaneCoin編集部)