この記事では仮想通貨Dash(ダッシュ)の特徴と、Dashを管理する際にオススメのウォレットについて説明していきます。DashはあのAPPLEが認めた仮想通貨としても有名で、ビットコインにはない特徴を持っていることから注目度の高い仮想通貨になりますので、ぜひこれを機会に知識を深めていきましょう。

Dashの特徴について

まずDashという仮想通貨の一番の特徴は、「匿名性の高さ」と「取引きスピードの速さ」です。

匿名性の高さ

Dashはダークセンドという技術を利用することによって、送信・受信者の情報や、コインが誰に送られたかなどの情報が分からないようになっています。こういった特徴はビットコインにはないものになるため、Dashの大きな特徴の一つとなっています。

取引きスピードの速さ

もう一つの特徴は取引きスピードの速さです。ビットコインの場合は取引きの承認作業に約10分ほど時間がかかりますが、Dashならたったの4秒で完了してしまいます。

Dashにオススメのウォレットは?

Dashに対応しているウォレットとしてこちらの5つを紹介します。ちなみに紹介しているウォレットは全て公式ページで紹介されているウォレットになり、非公式のウォレットは含まれていません。

DASHウォレットを取得する / DASH公式ページ

Trezor(トレザー)

まず一つ目にオススメするのはこちらのTrezor(トレザー)というウォレットです。ちなみにウォレットの種類は「WEBウォレット」・「ソフトウェアウォレット」・「ハードウェアウォレット」の3つに分けられるのですが、こちらのトレザーはハードウェアウォレットタイプのものになり、一番セキュリティーリスクの低いウォレットになります。端末に電子的に秘密鍵を保存して仮想通貨を管理する形になり、保管している時はインターネットにつながっていない状態になるので、ハッキングされる危険性もありませんし、もしも仮に端末を盗難・紛失してしまってもパスフレーズを残しておけば復元する事が可能です。

日本国内でも利用している人が多い人気のウォレットになり、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど人気の仮想通貨にも対応しているウォレットになります。

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

ちなみにウォレットの種類それぞれの特徴やメリット・デメリットについてはこちらの記事で説明していますので参考にしてみてください。
仮想通貨別おすすめウォレットまとめ

LedgerNanoS(レジャーナノエス)

2つ目のこちらのLedgerNanoS(レジャーナノエス)も先ほどのトレザーと同じハードウェアタイプのウォレットになります。スタイリッシュなデザイン性も特徴の一つですが、トレザーとの大きな違いは対応している仮想通貨の数で、トレザーでは対応していない人気仮想通貨のリップルやネオはもちろん、現在のところ全部で25種類の仮想通貨に対応しているウォレットになります。

LedgerNanoS(レジャーナノエス)

DashWallet(ダッシュウォレット)

3つ目のこちらがDashの公式ウォレットになり、ダウンロードして使うタイプのソフトウェアウォレットになります。PC版(Winddows/Mac/Linux)とアプリ版の両方が用意されており、基本的にはPCがハッキングされたり、ウィルスに感染したりしない限り、セキュリティーリスクは低くなります。ただし上で紹介したハードウェアウォレットと同じで、秘密鍵やパスフレーズ、そしてバックアップファイルなどは厳重に管理しておく必要があります。

DashWallet(ダッシュウォレット)のダウンロードページ

Exodus(エクソダス)

こちらのエクソダスというウォレットもダウンロードして使うソフトウェアウォレットになります。ダッシュウォレットとは違ってモバイル版はなくPC版のみ(Windows/Mac/LINUX全てに対応しています)のウォレットになりますが、Dashだけではなくそれ以外のビットコインやイーサリアムなどを含めて、全部で約20種類ほどの仮想通貨に対応しているウォレットになります。こちらもバックアップを忘れずに行うようにしましょう。

Exodus(エクソダス)のダウンロードページ

JAXX(ジャックス)

こちらのジャックスもダウンロードして使うタイプのソフトウェアウォレットになりますが、PC版とモバイル版の両方に対応していることが特徴で、PCのエクソダスとスマホのエクソダスを同期させて利用することも可能です。ちなみにエクソダスと同じように、Dash以外の種類の仮想通貨にも対応しているウォレットになり・PC版では約50種類もの仮想通貨をジャックスで管理することが可能になっています。

JAXX(ジャックス)のダウンロードページ

Coinomi(コイノミ)

最後に紹介するコイノミは、PC版の提供はなくモバイル版のAndoroid osでのみ利用できるウォレットになります(今後時期はまだ未定だがios版もリリースされる予定とのこと)。こちらもDash以外の仮想通貨にも対応しているウォレットになりますが、対応している数が一番多く、全部で70種類以上の仮想通貨に対応していることが一番の特徴です。

ちなみにコイノミはセキュリティー面でのリスクに備えて開発ソースコードを公開していないことでも有名です。ただし一方で、仮想通貨を扱う上で最重要となる秘密鍵をどう扱っているかが不透明になるため最悪不正が行われるリスクがあるということも覚えておく必要があります。

Coinomi(コイノミ)のダウンロードページ

まとめ

Dashを管理する際にオススメのウォレットを全部で5つ紹介してきましたが、管理している資産が大きい場合は、迷わずハードウェアウォレットのTrezor(トレザー)かLedgerNanoS(レジャーナノエス)を利用することをオススメします。これら2つは確かにお金はかかりますがせいぜい2万円程度ですし、それで資産を安全に管理できるようになると考えれば他の方法よりも断然コスパのいい管理方法といえます。

仮想通貨は中央で管理されていないからこそメリットの大きい通貨ですが、一方で誰も管理していないので最終的な管理は全て自己責任になる通貨でもあります。ウォレットなどのセキュリティーに関しては、十分すぎるほど念入りに対策をするようにしましょう。

(編集:RomaneCoin編集部)