今回こちらの記事では「LSK(リスク)」という仮想通貨の特徴と、オススメのウォレットについて紹介していきます。ちなみに「LSK」とスペルが似ている「Lisk」は、仮想通貨ではなくプラットフォームの名称のことなので混同しないように注意しましょう。

Lisk(リスク)とは?

Liskはビットコインやリップルなどのような「決済型」の仮想通貨ではなく、イーサリアムやネムと同じ「プラットフォーム型」の分散型アプリケーションプラットフォームになります。上の箇所でも説明したように、Liskは仮想通貨ではなくそのプラットフォームの名称のことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨は「LSK」という表記になります。ちなみに2016年に公開されたばかりのまだ新しい仮想通貨になりますが、マイクロソフトとパートナーシップを結んでいることでも有名で、今後も要注目な仮想通貨の一つといえます。

そんなLiskですが、他の仮想通貨にはない大きな特徴は、「イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用している点」と「開発にJavascriptを採用しているため汎用性が高い点」の2つになります。

イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用している

Liskはイーサリアムと同じ「スマートコントラクト」という仕組みを採用している事が一つの特徴になります。スマートコントラクトはあらゆる契約を全て自動化する仕組みのことで、中央で管理する存在なしに、企業や個人間での取引きを可能にする技術になるため今後社会の構造をガラッと変える大きなポテンシャルを持っているものにになります。

ただしスマートコントラクトを実行する際のデータの記述の仕方はそれぞれで異なり、イーサリアムが1つのブロックチェーン上にデータを構築していくのに対して、Liskはそれぞれをサイドチェーン化して構築していくかたちになっています。これによってLiskはイーサリアムよりも処理速度を早くすることが可能になっています。

開発にJavascriptを採用しているため汎用性が高い

Liskはイーサリアムと同じスマートコントラクトの仕組みを採用していますが、それぞれコントラクトを記述する際に使用する言語は別々のものを採用しており、イーサリアムがSolidityという独自言語を採用しているのに対して、LiskはJavascrtiptという有名な言語を利用しています。このため、エンジニアがカスタマイズしやすくなり今後さらに普及していく可能性が高いというのも大きな特徴です。

LSKにオススメのウォレットは?

LSKを管理する際に利用できるウォレットは、現在のところ「Lisk Nano(リスクナノ)」というウォレットのみになっています。

Lisk Nano

Lisk Nanoは、リスクが公式に提供しているウォレットになります。WEB上で管理するタイプのウォレットではなく、自分のパソコンにダウンロードして使うソフトウェアウォレットになります。Windows、macOS、Linux全てのOSに対応しています。ちなみにウォレットに新しいアカウントを作成すると12個のパスフレーズが発行されますが、これは紙などで大事に管理するようにしましょう。これをなくしてしまうとアカウントにアクセスできなくなってしまいます。

Lisk Nano

※取引き所に保管しておく方法は危険

ちなみにもう一つの方法として、Liskを手に入れた取引き所に保管しておくという方法もありますが、こちらはセキュリティーリスク上あまりオススメできません。2段階認証をしっかり行えば自分のアカウントから仮想通貨が盗まれる危険性は低くなりますが、取引所そのものに不正アクセスされて仮想通貨が外部に送信されてしまう危険性もあるため、最悪預けていた仮想通貨がまったく戻ってこなくなる可能性もあるからです。

現状は非対応だが、理想はハードウェアウォレットでの管理

Liskは「Lisk Nano」というウォレットを使って管理するのが現状一番いい方法ですが、大量に保持している場合などは、より後々Lisk対応のハードウェアウォレットがでてきたらそちらに移すことも視野に入れておくようにしましょう。ハードウェアウォレットを使って仮想通貨を管理するのが、一番セキュリティーリスクの低い方法になります。

まとめ

Lisk/LSKは、イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用している点や、開発の言語にJavascriptを採用していて汎用性が高い点など、今後も注目すべき要素をもった仮想通貨の一つです。そして今後リブランディングやSDKキットの提供も控えていたりするため、関連する日は市場が大きく動くことが予想されます。関連ニュースはひき続き注意してウォッチしていくようにしましょう。

(編集:RomaneCoin編集部)